さらばWinShell?
例の,しおり付PDF作成時に著者情報などの日本語が文字化けする件.

TeXのソースファイルをEmEditorで開いてUTF-8(BOMなし)で保存し,
WinShellの設定もUTF-8にして再度PDF作成に挑戦しました.
とりあえずソースファイルは文字化けせずに表示されました.
まぁこれは当然.

で,コンパイル.ランタイムエラー.強制終了(´・ω・`)

著者情報などの属性値を空っぽにして再コンパイル.
再度ランタイムエラー.強制終了(´・ω・`)

%ではじまるコメント行に日本語が残っていたのでこれも削除.
そしてコンパイル.無事pdfmxまで作動しPDF生成.
しかし肝心の情報が空っぽでは意味がないヽ(`Д´)ノ

プロパティに全部英語で値をいれてコンパイル.
無事完成.著者:vassago.

数百歩くらい譲ればこれでも許せますが,
しかしコンテンツどころかコメント行の日本語が原因で
LaTeXが通らないというのでは全く話になりません.
LaTeXを齧り始めてから二年半ほどお世話になってきた
WinShellさんともそろそろお別れかもしれません.

のりかえ候補はEmEditorのProfessional版.
これにプラグインを追加するとTeXのコンパイル用の
ボタンなんかがつくようです.あとついでに入力支援も.

有料になりますが,エディタを一本化できるのは大きいです.
1ライセンスで3台までインストールが許可されているので
研究室用を含む自分の常用PCすべてに入れられます.
一ヵ月ほど試用できるようなので近々自宅で落としてみる予定.
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.wezverd.net/trackback/960798
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
ARCHIVES

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.